忍者ブログ
「すたぢお ぶるーがむ」の日記へようこそ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

P1000766.JPG

何か新しい事を始めようとする時、どうするかな?
一度立ち止まって考えるかな?
歩きながら考えるかな?

どんなに自信のある事でも
一度足を踏み込んだ後に、これで良かったかな?って
立ち止まってしまう事ってあるんぢゃないかな?
自分に自信がなくなって、不安になって
どうしようって、足元が暗くなって見えなくなっちゃって。

やみくもに歩いてあちこちにあるものを壊してしまうかもしれない。

でも、よく目を凝らしてみると
ぼんやり周りが少しずつ見えてきて、
その時に、しっかり見る事が出来る光が、
まさしく自分の答えなんじゃないかって思うよ。

その光が見えるためには、
他のひとはきっと何もしてあげる事が出来ないのかも。
だって、結局その人の目にはなってあげられない。
目になったと思っても、それはその人の価値観ではないし。

ただ、
じっくりじっくり、暗闇に目を慣らして、耳をそばだてて

自分の光を見つけられるまで

近くにいてあげる事が大事なんじゃないかって思うよ。

ずっと夜だけを見ないように。
お日様が出る方角を間違えないように。

人は何度となく、そんな夜明け前を乗り越えて
自分にとって大事なものを見つけていくんじゃないのかな...

せめて、

自分の好きな人が長い夜を越え、
そして夜明け前、

少しずつ見えてくる光の中に、自分が映ってくれたら嬉しいな。


The Yellow Monkeyの「パール」っていう歌を思い出しました。
どんなに泣いても悲しんでも、夜明けは絶対に来る。

だから、それまでは、闇の中でしっかり立ち止まる事も必要なんだなって
ちょっと考えたりしてました。


私もみんなも、一杯悩んで、
そして、
鮮やかで強い、そして暖かい朝日を見られますように。
PR
himawari

ちょっと近所にお買い物へ出掛けた時の帰り道。

ひまわり畑に目が止まりました。
所々うろこ雲に覆われた秋色の青空に黄色のコントラストがきれい...



普段は車で通り過ぎてしまうけれど、涼しくなってしまった風に揺れる花達に見とれて
写メしてみました。



少し花径の小さいひまわり達。
寒くなって枯れるまで、お日さまを見つめつづけます。

この子達が枯れるのはあと1か月位。
あと2か月もすれば、この子達も土に帰り、その上をきれいな雪が積もる事でしょう。



私は枯れるまで、お日さまを見つめつづけられるかな?


この世界はまだまだキラキラしたものがあるんだもの。

私の首が動かなくなるまで、
枯れてしまうまで、

追いかけていたいよ。
月曜日から3日間、単発のアルバイトに行ってきました。

内容は、金やプラチナ、ダイヤモンドを査定して買い取りするイベントの
査定以外の接客やお会計補助などでした。

最近は金の相場が高めだそうです。
携帯やPCなどの精密機器に使われるで需要が増えているためだとか。
それよりも最近はプラチナのお値段が金より上がっているのだとか。

何故だかわかりますか?

店長さんにもクイズを出されましたが、
ヒントは「車」や「工場」です。







答えは、「空気を清浄する触媒」に使うからなのだそうです。
プラチナが空気をきれいにするなんて...意外でしょ(笑)

さてさて...

今回、登録した派遣屋さんで初の仕事で、
さらに、スーツ着て、パンプスを履いて、バスに揺られて職場へ...
そんなお仕事自体がまさに14年ぶりでした。
(ま、バイトとしては、手始めに選挙の開票のアルバイトもしましたが...)

お仕事自体はそれほど忙しくなく、店長さんも丁寧で気さくな感じですぐに打ち解けられて
とても楽しい3日間を過ごす事が出来ました。

色々勉強にもなりましたし。



仕事内容の話に戻りますが...

お客さまが色んなキラキラした品物を持って売りにやってきます。
大抵の物には刻印が入っているので、それでグレードを見ます。

ですが、時には見た目では分かりかねる物もあります。
それを試すのが、たまに何かのたとえに使われる

「試金石」

実は初めて知ったのですが、試金石っていう石があるんですね!
この石で軽くこすってみて、白っぽかったら金じゃない。うす茶色っぽかったら金。

リアルとフェイクを計る石です。

私はそれ程貴金属には関心が無いのですが、私が想うのは、

どんなにグレードの高い本物だと言われるものでも、
そのものに気持ちがこもっていなければニセモノじゃないかなぁ

どんなに安くてたいした事ないものでも
心がこもっているものなら、それはどんな宝石より価値があるんじゃないかなぁ

お店に査定にやってくるお客さまを見ながら
ふとそんな気持ちになってきました。

どうやってその方の手に渡ったかは分かりません。
自分で買ったり、頂いたりしたかもしれません。

でも、大事にしたいと思う物だったら
自分がどうなっても手から離したいとは思わないはず。
手放さない努力もするはず。
それこそ本物、リアルな宝物。

手放してしまうと言う事は、
結局それはその人にとってフェイクでしかなかったと言う事。

それを計るのは自分の心と言う試金石。
自分の気持ちも計る石...

自分の中にある気持ち。
持ち続けていられたらリアル。あきらめてしまったらフェイク。

色んなものに惑わされず、自分の中の試金石で、
自分にやってくる全てのものが
リアルなのか、フェイクなのかをしっかり見極める事が出来たらいいなと思います。


そして、今私の持っている目標がリアルであるように...
「もういいや。どうせ出来ないし...」って、あきらめてしまわないように。

楽しい近未来を夢見て、この気持ちを持ち続けたいと思います。

さ、次のバイトは月末〜!

HOME PAGE
↓ホームへはこちらから↓

studio bluegum



↓こっそり更新中↓

delfi memo

カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
delfi
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]